事業内容

目的

 仙台市障害者バーチャル工房事業「せんだい庵」は、在宅の障害のある方々を対象に、情報機器(パソコン)やインターネットを活用し、在宅などで就労する為の訓練等の支援を行うことにより、在宅の障害のある方々の就労の促進を図ることを目的としています。

訓練概要

 当機関の利用者に対し、在宅就労に向けた情報処理技術の教育・支援、そして訓練を行うための作業を受注し、当該作業を教材として用いて訓練を行っていきます。
 また段階的に、雇用希望者の為の職場開拓、自立に向けた支援を実施していきます。

重度障害者在宅就労促進特別事業実施要網より抜粋。
1.在宅就労に必要な情報処理技術の教育・支援
2.企業から受注した実際の作業を教材とした訓練指導
3.仕事の進め方、作業環境・機器等及び職業生活の維持に関する相談・援助等

平成18年度からの訓練メニュー

 平成18年度からは、次の3部門について、訓練を展開していきます。
「データ入力部門」 「デジタルデザイン制作部門」 「インストラクト部門」

障害のある方のためのITによる在宅就労訓練コース

 これまでの馴染みのある「障害のある方のためのITセミナー」同様、市政だより等でお知らせする際は「障害のある方のためのITによる在宅就労訓練コース」の名称でお知らせ致します。

 仙台市障害者バーチャル工房事業「せんだい庵」は、仙台市の委託を受け特定非営利活動法人せんだいアビリティネットワークが実施しております。

仙台市障害者バーチャル工房事業「せんだい庵」
 〒981-8522
 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8-1
 東北福祉大学内
 TEL:022(728)7570*FAX:022(728)7580
 e-mail:sendaian@san.or.jp